ハチ退治やハチの巣駆除などサービス料金のお知らせ

ミツバチ駆除・退治は猿太郎までお電話ください
ミツバチの駆除・退治は猿太郎まで ミツバチ駆除・ミツバチの巣駆除の猿太郎 電話番号 ミツバチ駆除の猿太郎 注意点 ミツバチの駆除・退治は猿太郎まで

ミツバチ

ミツバチ駆除
見た目
小型で黄色系
体長は~20mm程
性格
穏やかで、人を襲うことはあまりない。
特徴
花の蜜を加工して巣に蓄え、栄養源とする。体から熱を出すことができ、協力して冬を越したり敵を蒸し焼きにする。

ミツバチの巣

ハニカム模様の平らな板状のものが数枚、垂れ下がる形をしています。巣板を防御する構造を作り出すことはできないため、巣板がむき出しになった巣や家屋の隙間や床下、木のウロなどもともと存在する外壁を利用した巣などがあります。

ミツバチの集団が木や壁に一塊になっていることがありますが、これは巣ではありません。殆どの場合2~3日でいなくなりますのでしばらく様子を見てください。

ミツバチ駆除

ミツバチの活動時期

ミツバチの活動時期 ミツバチの活動時期

ミツバチは集団で生活をする蜂の中では数少ない、集団で冬を越すことが出来る蜂です。といっても冬眠をするわけではないため、年中活動を続けています。

春になると、ミツバチは繁忙期を迎えます。5月には新女王蜂・働き蜂が生まれ一月後には3倍の数にまで増殖しますが、ピークを迎えると新女王蜂が働き蜂の半数を引き連れて巣離れをします。新しい営巣場所が決まるまでの間は、木や壁などに集団でとまった状態になるので、急に大きな蜂の巣が出来たと驚かれることがあります。しかし、殆どの場合は2~3日もすれば違う場所へと移動しますので、しばらく様子を見るようにしましょう。夏には朝方や日が沈む涼しい時間帯のみの活動に切り替わり、過ごし易い時期になると冬に備えて活発にミツを集め始めます。しかしこの時期はスズメバチの攻撃性がピークになり、ミツバチを襲うようになります。気が立ったスズメバチが集団でやってきたり、巣の周りを何日も飛び回るため、私たちも被害を受ける可能性があり大変危険です。

ミツバチは体から熱を出すことができるため、集団で身を寄せ合い温め合いながら冬を越します。暖かな日には蜜集めや散歩などに出かけ、巣に蓄えておいたハチミツなどを少しずつ舐めながら過ごし、立春を過ぎ暖かくなるとまた蜜を集め始めます。穏やかでこちらから危害を加えないかぎり、殆ど攻撃することのないミツバチですが、冬を越す前後の寒い時期は攻撃性を増します。また、うっかり巣を揺らしてしまうことやスズメバチの被害も無視できないため、ご自宅など生活に関わる場所に巣を発見した場合は駆除をお勧めします。

ミツバチ駆除は猿太郎までお電話下さい

ミツバチの攻撃性

ミツバチの攻撃性刺激しなければ大人しいミツバチですが、冬越え前後の寒い時期は攻撃性が高くなる性質を持っており、この時期には巣に近づいただけで刺してくることもあります。ミツバチは一度刺すと死んでしまうためスズメバチのように何度も刺してくる心配はありませんが、突き刺さった針から仲間を呼び寄せる匂いを発するため、たちまち何百匹というハチに囲まれて体中を刺されるということにもなりかねません。毒性はスズメバチよりも強力で、刺されてしまうと命に関わります。

また、ミツバチの巣は家屋の隙間や床下、庭の植え込みなど見つけにくい場所にあることが多いため、意図せず巣に近づいてしまう危険性もあり安心は出来ません。

死骸やミツが壁や天井にシミを作ったり、洗濯物にフンがつくなど日常生活にも被害が及ぶこともあるため、放置せずお早めに駆除することをお勧めします。とはいえミツバチは、絶滅すると人類も滅亡するともいわれているほど生態系にとっては重要な虫です。生活圏内でどうしても近づかなくてはならないところに巣を作られてしまった場合には駆除の必要がありますが、そうでない場合は関わらないようにしつつ、巣を見守ることも重要です。

ミツバチの対処方法

ニオイのある物を避ける ニオイのある物を避ける
近づかない 近づかない

ミツバチは他の蜂同様、香水や飲食物の甘い匂いに引き寄せられてしまいます。ハチの居易い場所に出かける際は身に着けないのが無難です。また、基本的に刺激を与えなければ攻撃的になることはないため、近づかないことが一番の防御方です。

ミツバチに刺されたときは

ミツバチに刺されたときは

◆応急処置◆

ミツバチの毒針は仲間を呼び寄せる匂いを放っているため、直ちにその場を離れ針をに抜くようにしてください。指でつまむと毒液がさらに注入されてしまう恐れがあるためピンセットか、なければクレジットカードなどで滑らせるようにして抜きましょう。あとは指で絞りながら水で毒を流して下さい。危険なので口で吸い出すのはやめましょう。その後、傷口を冷やし、抗ヒスタミン軟膏を塗ってください。その場に水がない場合は葉などで刺された部分を擦って、匂いを消すのも効果的です。

◆アナフィラキシーショック対策◆

アナフィラキシーショックという急性アレルギー症状を起こし、最悪の場合死にいたる危険があります。特に一度刺されたことがある方に起こりやすいため、事前に医師から処方を受けるなど薬を入手しておくと、一時的な症状の緩和が可能です。あくまでも一時的な緩和ですので、その後は必ず医療機関を受診しましょう。刺された経験がなくても呼吸困難や意識障害、全身の腫れなど、刺された箇所以外の異常があった場合はただちに救急車を呼んでください。

ミツバチ駆除は猿太郎までお問い合わせ下さい

「ハチ退治・猿太郎」が選ばれる理由

年中無休で受け付け

❶年中無休で受付対応!

気付かなかった蜂の巣の駆除など、お急ぎのお客様も安心!
ハチ退治の猿太郎は、1年365日、土日・祝日はもちろ んお正月やお盆休み、ゴールデンウィークなどの大型連休も休まず受付しております。

お電話1本で駆けつけますので、 安心してご相談・お問い合わせください。

最短即日でハチ駆除に出張

❷ハチ駆除のプロが最短即日で出張!

当社スタッフは様々なハチの特性や現場を熟知した、ハチ駆除のスペシャリストです。
一般の方には危険な作業でも確かな技術と豊富な知識で安全に作業いたします。

お急ぎの場合でも、最短即日で現場に急行、作業後の清掃まできっちりと行います。

無料見積り・安心価格

❸作業前に無料見積り・安心の価格設定

現地調査をし、お見積りに納得いただいてから作業を開始いたします。
ハチ駆除・退治料金が4,000円(税別)~。安心の価格設定で責任をもって作業いたします。現金の他にクレジットカード払いにも対応しています。

お気軽に当社スタッフにご相談ください。

対応エリア

ハチ駆除・ハチの巣駆除の対応エリア
ハチ駆除・ハチの巣駆除の猿太郎にタップで電話